「カブールの園」宮内悠介著

公開日:

 日系3世のプログラマーのレイは37歳。小学生のころ、いじめを受け、四つん這いで豚の鳴き真似をさせられた。レイが受けている、バーチャルリアリティー・エレメンタリーによるトラウマの治療を、恋人のジョンは〈カブールの園〉と呼んでいた。

 ある日、突然、会社から1週間の休暇を命じられたレイに、ジョンは〈カブールの園〉を出てみるのも悪くないと言う。独りで車で出かけたレイが向かったのは、かつて母方の祖父母が入れられた日系人の収容所跡だった。そこでレイは予期せぬものに出合う。

 SF作家の純文学作品。3代にわたる母娘の確執を描いた表題作ほか1編を所収。(文藝春秋 1350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る