「カブールの園」宮内悠介著

公開日: 更新日:

 日系3世のプログラマーのレイは37歳。小学生のころ、いじめを受け、四つん這いで豚の鳴き真似をさせられた。レイが受けている、バーチャルリアリティー・エレメンタリーによるトラウマの治療を、恋人のジョンは〈カブールの園〉と呼んでいた。

 ある日、突然、会社から1週間の休暇を命じられたレイに、ジョンは〈カブールの園〉を出てみるのも悪くないと言う。独りで車で出かけたレイが向かったのは、かつて母方の祖父母が入れられた日系人の収容所跡だった。そこでレイは予期せぬものに出合う。

 SF作家の純文学作品。3代にわたる母娘の確執を描いた表題作ほか1編を所収。(文藝春秋 1350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る

人気キーワード