「風待町医院異星人科」藤崎慎吾著

公開日:  更新日:

 小学5年生の久延丕彦は砂浜で太陽の滴が落ちるのを見た。そして風待町医院の看護婦の須久那さんが運転する軽トラックの荷台から何かが転げ落ちた。

 それはぷよぷよした青い塊だったが、丕彦が持って遊んでいると生まれたての赤ん坊そっくりになった。そして砂浜で見かけるたびに、トモヒコと名付けたその子どもは成長してゆき、ある日、膨らんだ腹から肌色の塊が転げ落ちて、赤ん坊の姿になった。

 トモヒコは倒れて動かない。丕彦が助けを求めて風待町医院に行くと、須久那さんは、トモヒコは人間には知られていない他の恒星系からやってきたミムスという生物だと教えてくれた。突然出会った異星人との交流を描くSF。

(光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る