• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「風待町医院異星人科」藤崎慎吾著

 小学5年生の久延丕彦は砂浜で太陽の滴が落ちるのを見た。そして風待町医院の看護婦の須久那さんが運転する軽トラックの荷台から何かが転げ落ちた。

 それはぷよぷよした青い塊だったが、丕彦が持って遊んでいると生まれたての赤ん坊そっくりになった。そして砂浜で見かけるたびに、トモヒコと名付けたその子どもは成長してゆき、ある日、膨らんだ腹から肌色の塊が転げ落ちて、赤ん坊の姿になった。

 トモヒコは倒れて動かない。丕彦が助けを求めて風待町医院に行くと、須久那さんは、トモヒコは人間には知られていない他の恒星系からやってきたミムスという生物だと教えてくれた。突然出会った異星人との交流を描くSF。

(光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る