「風待町医院異星人科」藤崎慎吾著

公開日:  更新日:

 小学5年生の久延丕彦は砂浜で太陽の滴が落ちるのを見た。そして風待町医院の看護婦の須久那さんが運転する軽トラックの荷台から何かが転げ落ちた。

 それはぷよぷよした青い塊だったが、丕彦が持って遊んでいると生まれたての赤ん坊そっくりになった。そして砂浜で見かけるたびに、トモヒコと名付けたその子どもは成長してゆき、ある日、膨らんだ腹から肌色の塊が転げ落ちて、赤ん坊の姿になった。

 トモヒコは倒れて動かない。丕彦が助けを求めて風待町医院に行くと、須久那さんは、トモヒコは人間には知られていない他の恒星系からやってきたミムスという生物だと教えてくれた。突然出会った異星人との交流を描くSF。

(光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る