「つばき、時跳び」梶尾真治著

公開日:  更新日:

 作家の井納は、空き家となった父方の実家に移り住む。熊本市郊外にある古い屋敷は、庭に多数の「肥後椿」が植えられ「百椿庵」と命名されていた。曽祖父母が購入したこの家は、女性だけに見える幽霊が出るらしい。井納の母も以前、見たことがあるという。

 ある日、井納が昼寝から目を覚ますと仏間に着物姿の女が座っていた。話しかけると女は消えてしまう。家の中を調べた井納は、屋根裏のはりに刺さっていた不思議な金属の棒を見つける。物置の長持ちからも同じ金属の棒が出てくる。見つけた棒をはりに差し込んだ日、再び女が現れた。女は140年前にこの屋敷にすんでいたつばきだった。

 井納とつばきが双方の時代を行き来するタイムトラベル長編。(徳間書店 750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る