「つばき、時跳び」梶尾真治著

公開日: 更新日:

 作家の井納は、空き家となった父方の実家に移り住む。熊本市郊外にある古い屋敷は、庭に多数の「肥後椿」が植えられ「百椿庵」と命名されていた。曽祖父母が購入したこの家は、女性だけに見える幽霊が出るらしい。井納の母も以前、見たことがあるという。

 ある日、井納が昼寝から目を覚ますと仏間に着物姿の女が座っていた。話しかけると女は消えてしまう。家の中を調べた井納は、屋根裏のはりに刺さっていた不思議な金属の棒を見つける。物置の長持ちからも同じ金属の棒が出てくる。見つけた棒をはりに差し込んだ日、再び女が現れた。女は140年前にこの屋敷にすんでいたつばきだった。

 井納とつばきが双方の時代を行き来するタイムトラベル長編。(徳間書店 750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る