「つばき、時跳び」梶尾真治著

公開日:  更新日:

 作家の井納は、空き家となった父方の実家に移り住む。熊本市郊外にある古い屋敷は、庭に多数の「肥後椿」が植えられ「百椿庵」と命名されていた。曽祖父母が購入したこの家は、女性だけに見える幽霊が出るらしい。井納の母も以前、見たことがあるという。

 ある日、井納が昼寝から目を覚ますと仏間に着物姿の女が座っていた。話しかけると女は消えてしまう。家の中を調べた井納は、屋根裏のはりに刺さっていた不思議な金属の棒を見つける。物置の長持ちからも同じ金属の棒が出てくる。見つけた棒をはりに差し込んだ日、再び女が現れた。女は140年前にこの屋敷にすんでいたつばきだった。

 井納とつばきが双方の時代を行き来するタイムトラベル長編。(徳間書店 750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る