「おもかげ」浅田次郎著

公開日: 更新日:

 定年退職した竹脇正一は、送別会からの帰路、花束を抱えたまま、乗り慣れた地下鉄丸ノ内線の車内で倒れた。病院の集中治療室に運ばれた竹脇は、瀕死で横たわる自分を横目に病院を抜け出し、ファンタスティックな異界へと導かれる。

 毎日新聞連載中から話題を呼んだ長編小説。

 年上の美しいマダムに誘われてディナーをともにしたり、白いサンドレスの女と静かな入り江を歩いたり、ミステリアスな美女と地下鉄に乗り合わせたり。夢ともうつつともつかない世界で、過去と現在を行きつもどりつ。竹脇のつらい出自と、自力で獲得した人生が明らかになっていく。

 竹脇は親を知らない。養護施設で育ち、苦学して商社マンになった。妻にさえ真っ白い戸籍謄本を見せただけで、自分の出自を語ったことがない。

 同じ施設で育った友、4歳で逝った息子、満開の花の下で捨てた恋人、そして自分を捨てた母。地下鉄の親密な闇に身を委ねながら、胸の奥の記憶が蘇り、抑えていた思いがあふれ出す。

 敗戦の混乱期を黙して生き延び、高度成長の時代を支えた名もなき人々の姿が、竹脇に重なる。

 感動の結末は、小説を読む醍醐味満点。

(毎日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る

人気キーワード