「嗤う淑女」中山七里著

公開日: 更新日:

 中学1年の恭子のクラスに、従姉妹の美智留が転校してきた。6年ぶりに会う美智留は、絶世の美女に成長していた。美智留は恭子に対するいじめを終息させるだけでなく、骨髄移植のドナーになって病に倒れた恭子の命まで救ってくれる。

 やがて、恭子は父子家庭の美智留が毎日、父親の典雄から性的虐待を受けていることを知る。今度は自分が彼女を救う番だと協力を申し出た恭子は、美智留からある計画を持ちかけられる。十数年後、恭子は同窓会で再会した銀行員の紗代に美智留を紹介する。カードローンに苦しむ紗代は、生活コンサルタントを自称する美智留に勧められ、架空口座を作る。

 周囲の人間を操り、地獄に落とす希代の悪女を描いた長編エンタメ。(実業之日本社 694円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る

人気キーワード