「嗤う淑女」中山七里著

公開日:  更新日:

 中学1年の恭子のクラスに、従姉妹の美智留が転校してきた。6年ぶりに会う美智留は、絶世の美女に成長していた。美智留は恭子に対するいじめを終息させるだけでなく、骨髄移植のドナーになって病に倒れた恭子の命まで救ってくれる。

 やがて、恭子は父子家庭の美智留が毎日、父親の典雄から性的虐待を受けていることを知る。今度は自分が彼女を救う番だと協力を申し出た恭子は、美智留からある計画を持ちかけられる。十数年後、恭子は同窓会で再会した銀行員の紗代に美智留を紹介する。カードローンに苦しむ紗代は、生活コンサルタントを自称する美智留に勧められ、架空口座を作る。

 周囲の人間を操り、地獄に落とす希代の悪女を描いた長編エンタメ。(実業之日本社 694円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る