「古地図から読み解く城下町の不思議と謎」山本博文監修

公開日:  更新日:

 熊本城は築城の名手、加藤清正が築いた城だ。一般には、機密保持のため街道は城から離れた地に通すが、清正はあえて城内に豊前街道を通した。これは豊前街道が薩摩藩島津家の参勤交代路だったので、島津家が通るたびに熊本藩が監視することによって戦意を喪失させようという意図があったためだ。

 また、江戸では武家地と町人地がはっきり分けられているが、犬山城は成瀬正成が城主の時代、城下の中心に町人地が配され、それを武家屋敷と惣構(外郭)が囲んでいる。これは、敵が攻めてきたときに惣構と武家屋敷で食い止める構造だという。

 古地図と現代図を比べることで城下町の秘密が解明できる、城好きにお薦めの一冊。(実業之日本社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る