「古地図から読み解く城下町の不思議と謎」山本博文監修

公開日: 更新日:

 熊本城は築城の名手、加藤清正が築いた城だ。一般には、機密保持のため街道は城から離れた地に通すが、清正はあえて城内に豊前街道を通した。これは豊前街道が薩摩藩島津家の参勤交代路だったので、島津家が通るたびに熊本藩が監視することによって戦意を喪失させようという意図があったためだ。

 また、江戸では武家地と町人地がはっきり分けられているが、犬山城は成瀬正成が城主の時代、城下の中心に町人地が配され、それを武家屋敷と惣構(外郭)が囲んでいる。これは、敵が攻めてきたときに惣構と武家屋敷で食い止める構造だという。

 古地図と現代図を比べることで城下町の秘密が解明できる、城好きにお薦めの一冊。(実業之日本社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る