• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「古地図から読み解く城下町の不思議と謎」山本博文監修

 熊本城は築城の名手、加藤清正が築いた城だ。一般には、機密保持のため街道は城から離れた地に通すが、清正はあえて城内に豊前街道を通した。これは豊前街道が薩摩藩島津家の参勤交代路だったので、島津家が通るたびに熊本藩が監視することによって戦意を喪失させようという意図があったためだ。

 また、江戸では武家地と町人地がはっきり分けられているが、犬山城は成瀬正成が城主の時代、城下の中心に町人地が配され、それを武家屋敷と惣構(外郭)が囲んでいる。これは、敵が攻めてきたときに惣構と武家屋敷で食い止める構造だという。

 古地図と現代図を比べることで城下町の秘密が解明できる、城好きにお薦めの一冊。(実業之日本社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る