• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ミステリー・アリーナ」深水黎一郎著

 年末恒例の生放送番組「推理闘技場(ミステリー・アリーナ)」が始まる。ミステリーオタクの解答者は、読み上げられる本格ミステリーの犯人が分かった時点で解答。物語を読み終えた時点で発表される正解者には、賞金20億円が贈呈される。

 物語は、悪天候の中、ミステリー研究会のOB年次会に参加するため、三郎が会場の鞠子の別荘に到着した場面から始まる。三郎はこの滞在中に、仲たがい中の沙耶加とよりを戻したいと考えていた。やがて、橋が流され、半島に立つ別荘が孤立したことが分かる。その矢先、三郎は背中にナイフが刺さった鞠子の遺体を見つける。ここまで進んだところで早くも解答者の一ノ瀬がボタンを押した。

 技巧を駆使して15通りもの解決案が提示される多重解決ミステリー。

(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る