• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ミステリー・アリーナ」深水黎一郎著

 年末恒例の生放送番組「推理闘技場(ミステリー・アリーナ)」が始まる。ミステリーオタクの解答者は、読み上げられる本格ミステリーの犯人が分かった時点で解答。物語を読み終えた時点で発表される正解者には、賞金20億円が贈呈される。

 物語は、悪天候の中、ミステリー研究会のOB年次会に参加するため、三郎が会場の鞠子の別荘に到着した場面から始まる。三郎はこの滞在中に、仲たがい中の沙耶加とよりを戻したいと考えていた。やがて、橋が流され、半島に立つ別荘が孤立したことが分かる。その矢先、三郎は背中にナイフが刺さった鞠子の遺体を見つける。ここまで進んだところで早くも解答者の一ノ瀬がボタンを押した。

 技巧を駆使して15通りもの解決案が提示される多重解決ミステリー。

(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る