• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「探偵術教えます」パーシヴァル・ワイルド著、巴妙子訳

 コネチカット州の田舎町で、マクレイ家のお抱え運転手をしているモーランは、探偵の通信講座を受講中。ある夜、課題の尾行術を実践するため隣町である男を尾行する。指導教官には、了解を取って家族や親戚を尾行するよう指示されたが、モーランには頼める相手がいなかったのだ。尾行に気づいた男に、事前に用意していた捜査官のおもちゃのバッジを見せると握手とともに20ドルを渡される。再び男の店を訪ねたモーランは、店にいた美女とデートの約束を交わす。約束の夜、モーランは指導教官からの電報に気づかずデートに出かけてしまう。(「P・モーランの尾行術」)

 そうと知らずに事件に巻き込まれる素人「迷」探偵を主人公にしたユーモアミステリー連作集。

 (筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る