「探偵術教えます」パーシヴァル・ワイルド著、巴妙子訳

公開日:  更新日:

 コネチカット州の田舎町で、マクレイ家のお抱え運転手をしているモーランは、探偵の通信講座を受講中。ある夜、課題の尾行術を実践するため隣町である男を尾行する。指導教官には、了解を取って家族や親戚を尾行するよう指示されたが、モーランには頼める相手がいなかったのだ。尾行に気づいた男に、事前に用意していた捜査官のおもちゃのバッジを見せると握手とともに20ドルを渡される。再び男の店を訪ねたモーランは、店にいた美女とデートの約束を交わす。約束の夜、モーランは指導教官からの電報に気づかずデートに出かけてしまう。(「P・モーランの尾行術」)

 そうと知らずに事件に巻き込まれる素人「迷」探偵を主人公にしたユーモアミステリー連作集。

 (筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る