北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「死後開封のこと」(上・下)リアーン・モリアーティ著、和爾桃子訳

公開日:  更新日:

 創元推理文庫の新刊でこのタイトルだと、サスペンス・ミステリーを連想するかもしれないが、実はたっぷりと読ませる家族小説であり、壊れそうな関係をきわどく描く夫婦小説でもある。ミステリー的興趣はもちろんあるけれど、物語の力点は明らかにそちらのほうにある。そしてこれが実に読ませるから、こたえられない。

「死後開封のこと」と書かれた封筒を見つける妻がいる。夫といとこが愛し合っていることを知った妻がいる。殺された娘のことを忘れられない老婦人がいる。

 その3家族、3人の女性を描く長編だが、彼女たちは今日を、そして明日を、どうやって生きていけばいいのか。その迷いと哀しみと怒りの日々を、とてもリアルに描いていくので、どんどん物語に引きずりこまれていく。

 この作者はオーストラリアの作家で、日本初紹介は2年前に翻訳された「ささやかで大きな嘘」という長編だった。これは、保育園に通う子を持つ保護者たちの微妙な関係を軽妙に描いたもので、ミステリーでありながら同時に「ママ友小説」であった。それもまたじっくりと読ませたが、特徴は夫たちも出てくるものの、たいした役も与えられず、徹底して女性たちの物語であることだった。

 その持ち味は本書でも変わらない。「死後開封のこと」もまた、ヒロイン小説である。男は関係ないのだ。この手のものを描くとリアーン・モリアーティは冴えまくる。まことにうまい。

 (東京創元社 各980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る