• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「紅のアンデッド」川瀬七緒著

 東京・荻窪で奇妙な事件が発生した。古びた平屋の座敷におびただしい血痕が飛び散り、そこに左手の小指が3つ転がっていたのだが、死体が見つからない。

 捜査本部が立ち上げられて1カ月。いまだにこれが殺人なのか、傷害なのか、強盗なのか、判断つきかねていたが、その後、DNA鑑定で小指の持ち主は家主の遠山夫妻、それに夫婦宅を訪ねてきていた身元不明の成人男性と判明する。そして、捜査分析支援センターの法医昆虫学者・赤堀涼子とプロファイラーの広澤晴美が登場。赤堀は指に湧いたうじの状態から犯行日を特定。広澤はプロファイリングを使い犯人の実相に迫り、一見平穏な社会に潜む病巣が次第に明らかにされていく。

 法医昆虫学の知識が難事件の謎を解く警察ミステリーシリーズ最新刊。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る