「紅のアンデッド」川瀬七緒著

公開日:

 東京・荻窪で奇妙な事件が発生した。古びた平屋の座敷におびただしい血痕が飛び散り、そこに左手の小指が3つ転がっていたのだが、死体が見つからない。

 捜査本部が立ち上げられて1カ月。いまだにこれが殺人なのか、傷害なのか、強盗なのか、判断つきかねていたが、その後、DNA鑑定で小指の持ち主は家主の遠山夫妻、それに夫婦宅を訪ねてきていた身元不明の成人男性と判明する。そして、捜査分析支援センターの法医昆虫学者・赤堀涼子とプロファイラーの広澤晴美が登場。赤堀は指に湧いたうじの状態から犯行日を特定。広澤はプロファイリングを使い犯人の実相に迫り、一見平穏な社会に潜む病巣が次第に明らかにされていく。

 法医昆虫学の知識が難事件の謎を解く警察ミステリーシリーズ最新刊。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る