「マリーンワン」ジェームス・W・ヒューストン著、村田薫訳

公開日:  更新日:

 大嵐の夜、ホワイトハウスを飛び立った大統領専用ヘリコプター・マリーンワンが墜落して炎上。アダムズ大統領をはじめ搭乗者全員が死亡する。海兵隊の元パイロットで同型ヘリコプターの操縦経験がある弁護士のノーランは、同機を製造した外国資本のワールドコプター社の弁護団に加わる。

 フライトレコーダーは残っていたが、なぜか飛行記録装置は停止して墜落前のデータが残っていなかった。司法省がワールドコプター社の製造責任を追及してくるのは明らかだった。一方のノーランは、同機を操縦していた海兵隊のコリンズが事故に関わっているのではないかと疑う。

 自らも米海軍のトップガンで弁護士だった著者による法廷ミステリー。

 (小学館 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る