• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マリーンワン」ジェームス・W・ヒューストン著、村田薫訳

 大嵐の夜、ホワイトハウスを飛び立った大統領専用ヘリコプター・マリーンワンが墜落して炎上。アダムズ大統領をはじめ搭乗者全員が死亡する。海兵隊の元パイロットで同型ヘリコプターの操縦経験がある弁護士のノーランは、同機を製造した外国資本のワールドコプター社の弁護団に加わる。

 フライトレコーダーは残っていたが、なぜか飛行記録装置は停止して墜落前のデータが残っていなかった。司法省がワールドコプター社の製造責任を追及してくるのは明らかだった。一方のノーランは、同機を操縦していた海兵隊のコリンズが事故に関わっているのではないかと疑う。

 自らも米海軍のトップガンで弁護士だった著者による法廷ミステリー。

 (小学館 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る