「マリーンワン」ジェームス・W・ヒューストン著、村田薫訳

公開日:  更新日:

 大嵐の夜、ホワイトハウスを飛び立った大統領専用ヘリコプター・マリーンワンが墜落して炎上。アダムズ大統領をはじめ搭乗者全員が死亡する。海兵隊の元パイロットで同型ヘリコプターの操縦経験がある弁護士のノーランは、同機を製造した外国資本のワールドコプター社の弁護団に加わる。

 フライトレコーダーは残っていたが、なぜか飛行記録装置は停止して墜落前のデータが残っていなかった。司法省がワールドコプター社の製造責任を追及してくるのは明らかだった。一方のノーランは、同機を操縦していた海兵隊のコリンズが事故に関わっているのではないかと疑う。

 自らも米海軍のトップガンで弁護士だった著者による法廷ミステリー。

 (小学館 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る