「地面師」梶山季之著

公開日: 更新日:

 昭和の流行作家の作品を編んだ短編集。

 経済雑誌記者の深見は、S製薬の滝沢を街中で見かけ声をかける。憔悴した滝沢の様子から、経営不振に陥ったS製薬が主力銀行に見限られ、資金難に陥っているという噂は事実のようだ。

 滝沢の話を聞いた深見の脳裏に、先日、取材で知り合った吉村の顔が浮かぶ。九州の大地主の吉村は、銀行との取引の実績がないため金を借りられず焦慮していた。一方、主力銀行に工場などを押さえられているS製薬は、別の担保があれば他銀行からの融資が期待できる。両者を結び付ければ、双方が現状を打開できるのではないかと、深見は吉村と滝沢を引き合わせるが……。

 最近も話題になった地面師をテーマにした表題作など6編を収録。 (光文社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  5. 5

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  6. 6

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る