料理小説編

公開日: 更新日:

「問題のあるレストラン(1)」坂元裕二著

 作家の描写力は、時にページからおいしそうな匂いまで立ち上らせる。そんな作中の料理も味わい、楽しめる小説を集めてみた。

 今春、放映された同名ドラマの脚本の文庫化。

 表参道の雑居ビルの屋上にたま子に呼び出された4人が集まる。高校時代の友人・鏡子以外は、たま子のかつての仕事仲間だった。しかし、肝心のたま子が現れない。鏡子によると、逮捕されたらしい。飲食関連会社で新規店舗のメニュー作りやスタッフ集めに携わっていたたま子。会社はパワハラやセクハラが当たり前で、成果はすべて男性社員のもの。それでも耐えて仕事に打ち込んでいたが、親友の五月の屈辱を晴らすために立ち上がり、逮捕されたのだった。釈放され駆け付けたたま子は、集まったメンバーにこの屋上でレストランを開こうと持ち掛ける。(河出書房新社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る