「日本プラモデル六〇年史」小林昇著

公開日: 更新日:

 国産プラモデル60年の歴史を振り返るモノ物語。

 戦後、占領軍らによって海外で発売されていたプラモデルが日本に持ち込まれるが、子供たちにはまだ高根の花だった。

 昭和32(1957)年、浅草の玩具メーカー・マルサン商店専務の石田がアメリカから「原子力潜水艦ノーチラス号」のプラモデルを持ち帰り、部下の柴田に製造を打診したことから国産プラモデルの歴史は始まる。1年の試行錯誤の末に日本最初のプラモデルが売り出されたが、玩具売り場の担当者の反応は芳しくなかったという。

 そんな事始めから、スロットレーシングカーや怪獣、機動戦士ガンダムなど、時代ごとに新たなブームを巻き起こしてきたプラモデルの世界を、懐かしい写真とともに詳述する。

 (文藝春秋 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る