• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

思わず見とれる“自然のデザイン”

「きらめく甲虫」丸山宗利著

 元来、昆虫に限らず図鑑の図版は手描きの「絵のチカラ」に頼るものが多かった。リアリティーや美しさに加え、分類上の「違い」を際立たせることが重視された。なぜなら、観察対象の各パーツを「見分け、名付け、関連付ける」作業こそが解剖学/博物学的の本質だから。原始的に見えても「手で描く」ほうが「細部を意図的に区別できる」ため、写真よりも好都合なのだ。

 一方、本書はピントや照明の問題など、撮影や画像処理の技術が向上し、写真の説明力が「図鑑の絵」のレベルに到達した成果といえる。しかも正確には通常の「写真」ではなく、念入りに切り出され、調整された「合成画像(CG)」と呼ぶべきものだ。というわけで、200点にのぼる昆虫の図版が絵でも写真でもなく、CGで構成されていること自体、陰の労力やコストも含め、じつはもっと評価されるべき出来事なのだ。

 さて、甲虫とはカブトムシ、テントウムシなどの仲間。地上で最も繁栄している生き物で、その種類は約37万。鳥類9000種、哺乳類4000種など、ほかと比べても圧倒的なバリエーションを誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る