• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

思わず見とれる“自然のデザイン”

「きらめく甲虫」丸山宗利著

 元来、昆虫に限らず図鑑の図版は手描きの「絵のチカラ」に頼るものが多かった。リアリティーや美しさに加え、分類上の「違い」を際立たせることが重視された。なぜなら、観察対象の各パーツを「見分け、名付け、関連付ける」作業こそが解剖学/博物学的の本質だから。原始的に見えても「手で描く」ほうが「細部を意図的に区別できる」ため、写真よりも好都合なのだ。

 一方、本書はピントや照明の問題など、撮影や画像処理の技術が向上し、写真の説明力が「図鑑の絵」のレベルに到達した成果といえる。しかも正確には通常の「写真」ではなく、念入りに切り出され、調整された「合成画像(CG)」と呼ぶべきものだ。というわけで、200点にのぼる昆虫の図版が絵でも写真でもなく、CGで構成されていること自体、陰の労力やコストも含め、じつはもっと評価されるべき出来事なのだ。

 さて、甲虫とはカブトムシ、テントウムシなどの仲間。地上で最も繁栄している生き物で、その種類は約37万。鳥類9000種、哺乳類4000種など、ほかと比べても圧倒的なバリエーションを誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る