「簡易生活のすすめ」山下泰平著

公開日: 更新日:

「簡易生活」とは、明治から昭和初期にブームとなった生活法。もともとは、西洋から入ってきた考え方で、徳富蘇峰ら知識人らが社会全体を改善するために提唱、その概念が庶民にも広まったという。本来の意味は「物欲に溺れずに簡素な生活を送り、思いやりを持って生きていこう」というものだったが、日本人が独自の解釈をして、別方向へと進化させたという。

 当時の新聞や小説など、さまざまな資料に散見する簡易生活に関する記述を取り上げ、先人たちがどのように簡易生活を洗練し、ツールとして利用していたかを紹介する。

 当時盛んに議論された「台所廃止論」や「玄関不要論」などに注目しながら、合理的な日々の生活や、疲れる人間関係を断ち切る方法など、明治人たちの知恵に学ぶ。

(朝日新聞出版 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る

人気キーワード