「簡易生活のすすめ」山下泰平著

公開日: 更新日:

「簡易生活」とは、明治から昭和初期にブームとなった生活法。もともとは、西洋から入ってきた考え方で、徳富蘇峰ら知識人らが社会全体を改善するために提唱、その概念が庶民にも広まったという。本来の意味は「物欲に溺れずに簡素な生活を送り、思いやりを持って生きていこう」というものだったが、日本人が独自の解釈をして、別方向へと進化させたという。

 当時の新聞や小説など、さまざまな資料に散見する簡易生活に関する記述を取り上げ、先人たちがどのように簡易生活を洗練し、ツールとして利用していたかを紹介する。

 当時盛んに議論された「台所廃止論」や「玄関不要論」などに注目しながら、合理的な日々の生活や、疲れる人間関係を断ち切る方法など、明治人たちの知恵に学ぶ。

(朝日新聞出版 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  5. 5

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る