「暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて」アーシュラ・K・ル=グウィン著 谷垣暁美訳

公開日: 更新日:

 ウィーンのカフェの朝食には半熟卵がつきもので、「卵抜きで」などと言うと聞き返されるほどだ。著者は卵立てに、3分半のゆで時間で作った半熟卵を、大きい端を上にして立てる。ナイフで殻のてっぺんを取り、かろうじて形をなしている白身ととろとろの黄身をよく混ぜて、半熟卵専用の卵さじで食べる。これは「ながら仕事」へのささやかな批判である。聖書にも「何によらず手をつけたことは熱心にするがよい。いつかは行かなければならないあの陰府(よみ)には仕事も企ても、知恵も知識も、もうないのだ」と書かれている。陰府は朝食もない卵抜きの世界である。

ゲド戦記シリーズ」作者のウイットに満ちたエッセー集。

(河出書房新社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る

人気キーワード