「暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて」アーシュラ・K・ル=グウィン著 谷垣暁美訳

公開日: 更新日:

 ウィーンのカフェの朝食には半熟卵がつきもので、「卵抜きで」などと言うと聞き返されるほどだ。著者は卵立てに、3分半のゆで時間で作った半熟卵を、大きい端を上にして立てる。ナイフで殻のてっぺんを取り、かろうじて形をなしている白身ととろとろの黄身をよく混ぜて、半熟卵専用の卵さじで食べる。これは「ながら仕事」へのささやかな批判である。聖書にも「何によらず手をつけたことは熱心にするがよい。いつかは行かなければならないあの陰府(よみ)には仕事も企ても、知恵も知識も、もうないのだ」と書かれている。陰府は朝食もない卵抜きの世界である。

ゲド戦記シリーズ」作者のウイットに満ちたエッセー集。

(河出書房新社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る