「新型コロナ制圧への道」大岩ゆり著

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによるパンデミックは、収束の予兆さえ見えない状況が続き、史上初の世界的なロックダウンや、第2次世界大戦以降最悪といわれる急激な経済の落ち込みなどその影響は計り知れない。一方で、日本は各国がミステリーと称するほど犠牲者の数が少ない。山中伸弥氏は犠牲者が少ない理由を「ファクターX」と命名し、それが何かを解明することで今後の対策に生かすことができるはずだと説く。

 本書は、人類史に大きな傷痕を残すことになるであろうこの新型コロナウイルスのパンデミックの発生から半年間を克明に記録したリポート。各国の対策を比較検証しながら、「ファクターX」の謎に迫るとともに、医療の最前線を取材し、第2波、第3波への対策を提言する。

(朝日新聞出版 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード