「ロレンスになれなかった男」小倉孝保著

公開日: 更新日:

 1970年、青年海外協力隊員としてシリアに派遣された岡本秀樹は、以前映画「アラビアのロレンス」を見て、アラブで空手を教えるのも悪くないと考えていた。第1回世界空手道選手権大会にシリアのナショナルチームが参加することになったが、エジプトのナセル大統領が急死。ナショナルチームの東京派遣中止という騒ぎになり、岡本は「アラブ」という民族意識の強さを実感させられた。

 その後、輸出ビジネスやカジノ経営などに失敗し、空手の指導に専念していたが、岡本の指導を受けたいと、バグダッドに向かったクルド人が逮捕されるという事態に。岡本はフセイン大統領の息子、ウダイに尽力を頼む。アラブで空手を広めた男の人生を描くノンフィクション。

(KADOKAWA 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

もっと見る

人気キーワード