「ならずもの 井上雅博伝―― ヤフーを作った男」森功著

公開日: 更新日:

 2017年4月24日。世界の富豪が集まるビンテージカーのロードレース、カリフォルニア・ミッレ・ミリアが開幕、参加者たちは自慢の車を駆ってサンフランシスコをスタートした。翌日、1939年型の白いジャガーが、セコイアの森の中を走行中、道路から外れて巨木に激突。ドライバーは死亡した。

 ハンドルを握っていたのは井上雅博。ヤフー株式会社の社長として日本のインターネットを立ち上げた男である。ヤフーを去って5年、ぜいたくな趣味に没頭する夢のような日々は唐突に終わりを告げた。還暦を過ぎたばかりだった。後継者に「日本一成功したサラリーマン」と言わしめた人物の生涯をたどったノンフィクション。

 井上は、ごく普通の庶民の子供だった。都営のマンモス団地で生まれ育ち、区立中学、都立高校を経て理科大に進んだ。学生時代、PC開発のパイオニアのソード電算機システムでアルバイトを始め、PCにハマった。

 ここから人生が一変する。PCオタクは若きカリスマ経営者、孫正義に見いだされ、才能を開花させていく。米国のITベンチャー、ヤフー・インクへの投資は大成功。ソフトバンクの社長室の一角で誕生したヤフー株式会社は、みるみるうちに巨大IT企業へと成長を遂げ、株式上場に伴って社長の井上は大富豪になった。箱根やハワイの豪壮な別邸、プライベートなフレンチレストラン、クラシックカーやワインのコレクション……。次の人生への準備のように趣味の世界を広げ、オタクぶりを発揮した。

 50代半ば、働き盛りの井上は、「俺がつくったものは全部壊せ」と言い残してヤフーを去った。その後、一切仕事をしなかった。なぜなのか。

 謎の多い井上の人生が関係者の膨大な証言によって徐々に明らかになっていく。その背景に、IT業界の急激な進化のプロセスと栄枯盛衰が浮かび上がってきて、興味は尽きない。

(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る