「ザ・ギャンブラー」ウィリアム・C・レンペル著 上杉隼人訳

公開日: 更新日:

 1960年代末、アメリカの実業界にどこからともなく1人の男、カーク・カーコリアンが現れた。ギャンブルを好み、中学しか出ていないが50歳にして突然大金持ちになった男――。飛行士でもあった彼は、戦後の苦境時に小さな航空輸送サービスを手掛け、それをのちに売却して巨万の富を得る。そして根っからのギャンブラーだった彼は、発展しつつあったラスベガスに目をつけ、その資産をレジャー産業につぎ込む。

 60年代当時、世界最大だったインターナショナル・ホテルをラスベガスにつくり上げ、続いてMGMグランドホテルとカジノをオープン。やがて映画会社や自動車会社を買収、一方でエルビス・プレスリーをスターに押し上げていく……。

 アルメニア移民の一文無しから逆転に次ぐ大逆転劇を果たしたカーク・カーコリアンの知られざる生涯をつづったノンフィクション。

 所有するホテルやレストランでは無料を嫌い、慈善活動に熱心だった。名前を明かさない約束で寄付し、感謝の言葉を公にされることは一切固辞したという。大胆にして謙虚。ビジネスの神様と呼ばれた男の冒険小説のような人生に迫る。

(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る

人気キーワード