日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「わが家はハーレム」河里一伸著

「うふふ……大丈夫よ。イッたっていっても、わたしもまだできるから。こんなに気持ちよくなったの久しぶりだし、一度だけじゃ勿体ないわ」

 そう言って、彼女は下腹部に手を突いたまま上下動を再開する。

「んあっ、あっ、あっ……!…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事