「生きる哲学としてのセックス」代々木忠著

公開日: 更新日:

 AV監督として半世紀以上にわたって1000人以上の女性を撮影してきた著者。女性たちの演技ではない本当に「イク」姿にこだわってきた著者だが、AV女優でさえ多くは「イッた」ことがないと感じているそうだ。

 多くの人はオーガズムを快楽の極致だと思っているが、著者によるとオーガズムは快楽の延長線上にはないという。射精と思われがちな男のオーガズムも、実は射精とは比べものにならないほど深いものだという。オーガズムには3レベルあり、最高のレベルに達すると、心や感情を超えて魂同士がダイレクトに共鳴し合う至福の境地に至り、その体験は人生観を一変させるほどだそうだ。

 撮影現場で見聞きした多くの男女の体験を例に、性の深淵を語る。

 (幻冬舎 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る

人気キーワード