「生きる哲学としてのセックス」代々木忠著

公開日:  更新日:

 AV監督として半世紀以上にわたって1000人以上の女性を撮影してきた著者。女性たちの演技ではない本当に「イク」姿にこだわってきた著者だが、AV女優でさえ多くは「イッた」ことがないと感じているそうだ。

 多くの人はオーガズムを快楽の極致だと思っているが、著者によるとオーガズムは快楽の延長線上にはないという。射精と思われがちな男のオーガズムも、実は射精とは比べものにならないほど深いものだという。オーガズムには3レベルあり、最高のレベルに達すると、心や感情を超えて魂同士がダイレクトに共鳴し合う至福の境地に至り、その体験は人生観を一変させるほどだそうだ。

 撮影現場で見聞きした多くの男女の体験を例に、性の深淵を語る。

 (幻冬舎 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る