CMでブレークした宮崎美子のアッサリ離婚

公開日:  更新日:

<1990年12月>

 ミノルタカメラのCMで「いまのキミはピカピカに光って」のメロディーに乗り、ビキニ姿を披露して大ブレークした宮崎美子。デビュー翌年に出演したドラマのスタッフと8年越しの交際を実らせて89年9月、30歳で入籍した。だが、90年12月13日にスピード離婚、結婚生活はわずか1年4カ月で終わりを告げた。

 2人が知り合ったのは81年のこと。さとう宗幸が主役の「2年B組仙八先生」(TBS)。生徒役には後にシブがき隊を結成する本木雅弘、薬丸裕英、布川敏和の他、三田寛子や本田恭章らも出演していた。宮崎(当時22)は、さとうの同僚で2年B組副担任の英語教師役、相手は当時、同番組のADで宮崎と同い年だったTVマン。2人は生徒役の子供たちから“怪しい”と冷やかされる関係で、交際を報じた週刊誌もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る