CMでブレークした宮崎美子のアッサリ離婚

公開日: 更新日:

<1990年12月>

 ミノルタカメラのCMで「いまのキミはピカピカに光って」のメロディーに乗り、ビキニ姿を披露して大ブレークした宮崎美子。デビュー翌年に出演したドラマのスタッフと8年越しの交際を実らせて89年9月、30歳で入籍した。だが、90年12月13日にスピード離婚、結婚生活はわずか1年4カ月で終わりを告げた。

 2人が知り合ったのは81年のこと。さとう宗幸が主役の「2年B組仙八先生」(TBS)。生徒役には後にシブがき隊を結成する本木雅弘薬丸裕英、布川敏和の他、三田寛子や本田恭章らも出演していた。宮崎(当時22)は、さとうの同僚で2年B組副担任の英語教師役、相手は当時、同番組のADで宮崎と同い年だったTVマン。2人は生徒役の子供たちから“怪しい”と冷やかされる関係で、交際を報じた週刊誌もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る