CMでブレークした宮崎美子のアッサリ離婚

公開日: 更新日:

<1990年12月>

 ミノルタカメラのCMで「いまのキミはピカピカに光って」のメロディーに乗り、ビキニ姿を披露して大ブレークした宮崎美子。デビュー翌年に出演したドラマのスタッフと8年越しの交際を実らせて89年9月、30歳で入籍した。だが、90年12月13日にスピード離婚、結婚生活はわずか1年4カ月で終わりを告げた。

 2人が知り合ったのは81年のこと。さとう宗幸が主役の「2年B組仙八先生」(TBS)。生徒役には後にシブがき隊を結成する本木雅弘、薬丸裕英、布川敏和の他、三田寛子や本田恭章らも出演していた。宮崎(当時22)は、さとうの同僚で2年B組副担任の英語教師役、相手は当時、同番組のADで宮崎と同い年だったTVマン。2人は生徒役の子供たちから“怪しい”と冷やかされる関係で、交際を報じた週刊誌もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る