CMでブレークした宮崎美子のアッサリ離婚

公開日:  更新日:

<1990年12月>

 ミノルタカメラのCMで「いまのキミはピカピカに光って」のメロディーに乗り、ビキニ姿を披露して大ブレークした宮崎美子。デビュー翌年に出演したドラマのスタッフと8年越しの交際を実らせて89年9月、30歳で入籍した。だが、90年12月13日にスピード離婚、結婚生活はわずか1年4カ月で終わりを告げた。

 2人が知り合ったのは81年のこと。さとう宗幸が主役の「2年B組仙八先生」(TBS)。生徒役には後にシブがき隊を結成する本木雅弘、薬丸裕英、布川敏和の他、三田寛子や本田恭章らも出演していた。宮崎(当時22)は、さとうの同僚で2年B組副担任の英語教師役、相手は当時、同番組のADで宮崎と同い年だったTVマン。2人は生徒役の子供たちから“怪しい”と冷やかされる関係で、交際を報じた週刊誌もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る