収録に向かう途中で事故死した37歳 佐田啓二

公開日:  更新日:

<1964年8月>

 東京五輪が開催された64年、二枚目俳優として人気だった佐田啓二が37歳の若さで亡くなった。

 8月17日早朝、佐田は信州・蓼科から東京に車で向かっていた。蓼科には新築したばかりの別荘があり、妻子が避暑のために滞在していた。佐田は13日から別荘で家族と過ごしていたが、この日はNHKのドラマ「虹の設計」の収録があり、朝5時出発で東京に向かうことになった。

 車は黒のトヨペット・クラウン。同乗者は運転手、義弟の新聞記者とその同僚。佐田は一番安全といわれる運転手の後ろの席に座るのが習慣でその日も指定席に座った。

 前夜、水洗便所の水漏れが気になってあまり眠れなかった佐田は出発するとすぐ眠り始めた。

 運転手や佐田にとってはこの年、6、7往復している通い慣れた道のりであった。車は蓼科の山道を下り、国道20号(甲州街道)を順調に進み、朝6時半には山梨県韮崎市の塩川橋手前に到達。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る