収録に向かう途中で事故死した37歳 佐田啓二

公開日: 更新日:

<1964年8月>

 東京五輪が開催された64年、二枚目俳優として人気だった佐田啓二が37歳の若さで亡くなった。

 8月17日早朝、佐田は信州・蓼科から東京に車で向かっていた。蓼科には新築したばかりの別荘があり、妻子が避暑のために滞在していた。佐田は13日から別荘で家族と過ごしていたが、この日はNHKのドラマ「虹の設計」の収録があり、朝5時出発で東京に向かうことになった。

 車は黒のトヨペット・クラウン。同乗者は運転手、義弟の新聞記者とその同僚。佐田は一番安全といわれる運転手の後ろの席に座るのが習慣でその日も指定席に座った。

 前夜、水洗便所の水漏れが気になってあまり眠れなかった佐田は出発するとすぐ眠り始めた。

 運転手や佐田にとってはこの年、6、7往復している通い慣れた道のりであった。車は蓼科の山道を下り、国道20号(甲州街道)を順調に進み、朝6時半には山梨県韮崎市の塩川橋手前に到達。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る