• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

収録に向かう途中で事故死した37歳 佐田啓二

<1964年8月>

 東京五輪が開催された64年、二枚目俳優として人気だった佐田啓二が37歳の若さで亡くなった。

 8月17日早朝、佐田は信州・蓼科から東京に車で向かっていた。蓼科には新築したばかりの別荘があり、妻子が避暑のために滞在していた。佐田は13日から別荘で家族と過ごしていたが、この日はNHKのドラマ「虹の設計」の収録があり、朝5時出発で東京に向かうことになった。

 車は黒のトヨペット・クラウン。同乗者は運転手、義弟の新聞記者とその同僚。佐田は一番安全といわれる運転手の後ろの席に座るのが習慣でその日も指定席に座った。

 前夜、水洗便所の水漏れが気になってあまり眠れなかった佐田は出発するとすぐ眠り始めた。

 運転手や佐田にとってはこの年、6、7往復している通い慣れた道のりであった。車は蓼科の山道を下り、国道20号(甲州街道)を順調に進み、朝6時半には山梨県韮崎市の塩川橋手前に到達。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る