収録に向かう途中で事故死した37歳 佐田啓二

公開日:  更新日:

<1964年8月>

 東京五輪が開催された64年、二枚目俳優として人気だった佐田啓二が37歳の若さで亡くなった。

 8月17日早朝、佐田は信州・蓼科から東京に車で向かっていた。蓼科には新築したばかりの別荘があり、妻子が避暑のために滞在していた。佐田は13日から別荘で家族と過ごしていたが、この日はNHKのドラマ「虹の設計」の収録があり、朝5時出発で東京に向かうことになった。

 車は黒のトヨペット・クラウン。同乗者は運転手、義弟の新聞記者とその同僚。佐田は一番安全といわれる運転手の後ろの席に座るのが習慣でその日も指定席に座った。

 前夜、水洗便所の水漏れが気になってあまり眠れなかった佐田は出発するとすぐ眠り始めた。

 運転手や佐田にとってはこの年、6、7往復している通い慣れた道のりであった。車は蓼科の山道を下り、国道20号(甲州街道)を順調に進み、朝6時半には山梨県韮崎市の塩川橋手前に到達。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る