23歳でアッサリ引退して結婚した栗田ひろみ

公開日: 更新日:

<1980年12月>

 70年に13歳でスカウトされモデルデビュー。セーラー服が似合うロングヘアの美少女で、「吉永小百合2世」とも呼ばれた栗田ひろみ。大島渚監督の「夏の妹」や、主題歌に井上陽水の「夢の中へ」が使われた「放課後」など、多くの映画で主役を演じたが、80年12月、結婚準備のため、23歳の若さで引退した。

 栗田のフィアンセは石油会社の社員でゆくゆくは東京・三田の油脂会社社長を継ぐ長男。知り合ったのは74年夏。栗田が高校2年生、相手は早稲田大学2年生だった。

 出会いは親友の浅田美代子に誘われ参加したバーベキューパーティー。栗田は30人ほどの参加者がいる中で、彼を紹介された。その時は一目惚れというほどではなかったが、感じのいい人とは思ったという。だが、この時、先方は食べることに一生懸命。栗田も話しかける勇気がなく、ほとんど言葉を交わすことなくお開きになった。実は相手もこの時、栗田を意識していて、初対面の相手にどう話しかけようか食べながら考えていたという。結局、きっかけをつかめないうちに栗田が先に帰ってしまい、名前も知らないまま。すれ違いで終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る