間寛平 法廷が爆笑に包まれたアメマ裁判

公開日:  更新日:

<1987年9月>

 マラソンランナーとしても大人気の間寛平。過去には生来の人の良さに付け込まれて、金銭トラブルに巻き込まれることも多かった。中でも87年9月に終了した深夜番組のキャラクターがモチーフとなった“アメマバッジ裁判”は、テレビでも繰り返し紹介された有名な騒動だ。

 頼まれると断りきれない性格の寛平。そば屋の店員が時計を買う際の保証人を引き受けて逃げられたり、先輩の芸人に900万円の手形の裏書きを頼まれ、お金をもらわないまま何も考えずに引き受けてしまったり。間にはいつの間にか「歩くハンコ屋」というあだ名がついていた。

 借金地獄に陥った寛平だが、85年スタートの関西ローカルの番組「今夜はねむれナイト」の人形劇コーナー「パペットレビュー」で、奇妙なマントと頭巾姿の“アメママン”の声を演じて評判になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る