間寛平 法廷が爆笑に包まれたアメマ裁判

公開日: 更新日:

<1987年9月>

 マラソンランナーとしても大人気の間寛平。過去には生来の人の良さに付け込まれて、金銭トラブルに巻き込まれることも多かった。中でも87年9月に終了した深夜番組のキャラクターがモチーフとなった“アメマバッジ裁判”は、テレビでも繰り返し紹介された有名な騒動だ。

 頼まれると断りきれない性格の寛平。そば屋の店員が時計を買う際の保証人を引き受けて逃げられたり、先輩の芸人に900万円の手形の裏書きを頼まれ、お金をもらわないまま何も考えずに引き受けてしまったり。間にはいつの間にか「歩くハンコ屋」というあだ名がついていた。

 借金地獄に陥った寛平だが、85年スタートの関西ローカルの番組「今夜はねむれナイト」の人形劇コーナー「パペットレビュー」で、奇妙なマントと頭巾姿の“アメママン”の声を演じて評判になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る