間寛平 法廷が爆笑に包まれたアメマ裁判

公開日: 更新日:

<1987年9月>

 マラソンランナーとしても大人気の間寛平。過去には生来の人の良さに付け込まれて、金銭トラブルに巻き込まれることも多かった。中でも87年9月に終了した深夜番組のキャラクターがモチーフとなった“アメマバッジ裁判”は、テレビでも繰り返し紹介された有名な騒動だ。

 頼まれると断りきれない性格の寛平。そば屋の店員が時計を買う際の保証人を引き受けて逃げられたり、先輩の芸人に900万円の手形の裏書きを頼まれ、お金をもらわないまま何も考えずに引き受けてしまったり。間にはいつの間にか「歩くハンコ屋」というあだ名がついていた。

 借金地獄に陥った寛平だが、85年スタートの関西ローカルの番組「今夜はねむれナイト」の人形劇コーナー「パペットレビュー」で、奇妙なマントと頭巾姿の“アメママン”の声を演じて評判になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る