ひょうきんなアナ 山村美智子 番組降板

公開日:  更新日:

<1987年11月>

 80年代に大ヒットして社会現象になった、お笑い番組「オレたちひょうきん族」。その初代「ひょうきんアナ」として人気を集めた山村美智子はその後、フリーとなりニュースキャスターとして活躍の場を広げたが、語り草となる放送事故を起こしてしまう。

 87年11月13日、夜11時のフジ「FNN DATE LINE」では山村(当時31)が高校社会科の科目再編のニュースを読みあげていた。「社会科という教科の枠を69年度から」と言ったその瞬間、スタジオ内に「ハックション」という大きな音が鳴り響いた。アルバイトのADのくしゃみだった。

 山村は「地歴科と公民科の」と続きを読もうとしたが、「クックッ」と噴き出してしまう。しかも、笑い声は収まるどころか、ますます大きくなっていく。必死にこらえて続きのニュースを読もうとしても、意に反して思い出し笑いがこみ上げてきて続けられない。結局、ニュース中断が30秒にも及んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る