病魔と闘い、昭和の終わりとともに去った美空ひばり

公開日: 更新日:

<1989年6月>

 戦後の歌謡界を代表する歌手といえば美空ひばり。49年に11歳で本格デビューして以来、500曲を超えるオリジナル曲をレコーディングした不世出の歌姫だ。

 しかし、弟2人を相次いで亡くしてからは酒量が増えていき、体調不良も続き、85年ごろからは腰痛を訴えるようにもなった。そして体が悲鳴を上げたのが87年4月。全国ツアーの公演先の福岡市で緊急入院する。医師団からは「左右大腿骨骨頭壊死(えし)・慢性肝臓病・脾臓(ひぞう)肥大」と発表され、そのまま3カ月あまりの入院。明治座などで予定されていた公演は中止。50歳の誕生日を病院のベッドで迎えた。

 一時はカムバックも危ぶまれる状況。だが、年末には京都のイベントでステージ復帰し、翌88年4月、完成直後の東京ドームで復活公演を成功させて注目を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る