病魔と闘い、昭和の終わりとともに去った美空ひばり

公開日:  更新日:

<1989年6月>

 戦後の歌謡界を代表する歌手といえば美空ひばり。49年に11歳で本格デビューして以来、500曲を超えるオリジナル曲をレコーディングした不世出の歌姫だ。

 しかし、弟2人を相次いで亡くしてからは酒量が増えていき、体調不良も続き、85年ごろからは腰痛を訴えるようにもなった。そして体が悲鳴を上げたのが87年4月。全国ツアーの公演先の福岡市で緊急入院する。医師団からは「左右大腿骨骨頭壊死(えし)・慢性肝臓病・脾臓(ひぞう)肥大」と発表され、そのまま3カ月あまりの入院。明治座などで予定されていた公演は中止。50歳の誕生日を病院のベッドで迎えた。

 一時はカムバックも危ぶまれる状況。だが、年末には京都のイベントでステージ復帰し、翌88年4月、完成直後の東京ドームで復活公演を成功させて注目を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る