• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

病魔と闘い、昭和の終わりとともに去った美空ひばり

<1989年6月>

 戦後の歌謡界を代表する歌手といえば美空ひばり。49年に11歳で本格デビューして以来、500曲を超えるオリジナル曲をレコーディングした不世出の歌姫だ。

 しかし、弟2人を相次いで亡くしてからは酒量が増えていき、体調不良も続き、85年ごろからは腰痛を訴えるようにもなった。そして体が悲鳴を上げたのが87年4月。全国ツアーの公演先の福岡市で緊急入院する。医師団からは「左右大腿骨骨頭壊死(えし)・慢性肝臓病・脾臓(ひぞう)肥大」と発表され、そのまま3カ月あまりの入院。明治座などで予定されていた公演は中止。50歳の誕生日を病院のベッドで迎えた。

 一時はカムバックも危ぶまれる状況。だが、年末には京都のイベントでステージ復帰し、翌88年4月、完成直後の東京ドームで復活公演を成功させて注目を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る