「ダイアナ」主演 ナオミ・ワッツ

公開日: 更新日:

「何げない立ち居振る舞いまで、そっくり」と評判だ。ダイアナ元英皇太子妃を描いた本作の主演、ナオミ・ワッツ(45)。チャールズ皇太子との別居、離婚から97年8月の事故死までの3年、秘めた恋に身を焦がし、新たな人生を目指した元プリンセスを熱演している。

――冗談を飛ばし、俗語まで吐く場面もありますが、事実なのですか?

「役作りでは、入手できる情報を飽和状態になるまで吸収しました。生前の動画を繰り返し見て、面識のあった方々にも会って、外見やしぐさのみならず、内面まで知る必要があると思ったのです。それで隠された面を知って分かったのが、抜群のユーモアセンスがあったということ。私生活では、可能な限り普通の生活をしようとしていたことです。映画では、誰もがそうであるように、矛盾や疑問をたくさん抱えた女性として、現実に生身で生きた姿を再現したかったので、いろんな面を表現しました。彼女を美化したい方々は驚かれるかもしれませんね。でも彼女を汚すことではないと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る