今度は「西友」の“顔”…壇蜜人気のヒミツは「庶民派」にアリ

公開日:  更新日:

 ここまで“長持ち”すると、何人が想像していただろうか。
 6日の「第26回トレンド大賞2013」で特別賞を受賞した壇蜜(32)。昨年冬ごろにブレークするも、「すぐに飽きられて、来年には消えている」なんて囁かれていた。が、ブレークから1年、消えるどころか冠番組を持ち、グラビア、ドラマ、映画と大忙し。エロさを売りにしているはずが、昼夜問わずテレビに出続けている。

 壇蜜が飽きられず嫌われない理由のひとつが、庶民的な一面。ブログで、食品、洋服、靴などあらゆるものを大手スーパー「西友」で買い揃えていることを告白。「『主に西友で洋服を買っている』とスタイリストに話したら、微妙な空気になった」と明かしたこともある。

 今年4月に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)の「食わず嫌い王決定戦」でも「普段着ている洋服なども全部西友」「私から西友をとったら何も残らない」と発言。庶民の代名詞でもある「西友愛」を惜しみなくアピールしている。それが功を奏したのか(!?)、このたび、「西友 冬ギフトキャンペーン」の新キャラクターに抜擢された。11日に開催される記者発表会では、CMだけでなく「西友の冬ギフト」をテーマにした壇蜜作の書き下ろし手記を朗読するんだとか。芸能リポーターの川内天子氏は人気のワケをこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る