• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度は「西友」の“顔”…壇蜜人気のヒミツは「庶民派」にアリ

 ここまで“長持ち”すると、何人が想像していただろうか。
 6日の「第26回トレンド大賞2013」で特別賞を受賞した壇蜜(32)。昨年冬ごろにブレークするも、「すぐに飽きられて、来年には消えている」なんて囁かれていた。が、ブレークから1年、消えるどころか冠番組を持ち、グラビア、ドラマ、映画と大忙し。エロさを売りにしているはずが、昼夜問わずテレビに出続けている。

 壇蜜が飽きられず嫌われない理由のひとつが、庶民的な一面。ブログで、食品、洋服、靴などあらゆるものを大手スーパー「西友」で買い揃えていることを告白。「『主に西友で洋服を買っている』とスタイリストに話したら、微妙な空気になった」と明かしたこともある。

 今年4月に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)の「食わず嫌い王決定戦」でも「普段着ている洋服なども全部西友」「私から西友をとったら何も残らない」と発言。庶民の代名詞でもある「西友愛」を惜しみなくアピールしている。それが功を奏したのか(!?)、このたび、「西友 冬ギフトキャンペーン」の新キャラクターに抜擢された。11日に開催される記者発表会では、CMだけでなく「西友の冬ギフト」をテーマにした壇蜜作の書き下ろし手記を朗読するんだとか。芸能リポーターの川内天子氏は人気のワケをこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る