今度は「西友」の“顔”…壇蜜人気のヒミツは「庶民派」にアリ

公開日:  更新日:

 ここまで“長持ち”すると、何人が想像していただろうか。
 6日の「第26回トレンド大賞2013」で特別賞を受賞した壇蜜(32)。昨年冬ごろにブレークするも、「すぐに飽きられて、来年には消えている」なんて囁かれていた。が、ブレークから1年、消えるどころか冠番組を持ち、グラビア、ドラマ、映画と大忙し。エロさを売りにしているはずが、昼夜問わずテレビに出続けている。

 壇蜜が飽きられず嫌われない理由のひとつが、庶民的な一面。ブログで、食品、洋服、靴などあらゆるものを大手スーパー「西友」で買い揃えていることを告白。「『主に西友で洋服を買っている』とスタイリストに話したら、微妙な空気になった」と明かしたこともある。

 今年4月に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)の「食わず嫌い王決定戦」でも「普段着ている洋服なども全部西友」「私から西友をとったら何も残らない」と発言。庶民の代名詞でもある「西友愛」を惜しみなくアピールしている。それが功を奏したのか(!?)、このたび、「西友 冬ギフトキャンペーン」の新キャラクターに抜擢された。11日に開催される記者発表会では、CMだけでなく「西友の冬ギフト」をテーマにした壇蜜作の書き下ろし手記を朗読するんだとか。芸能リポーターの川内天子氏は人気のワケをこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る