• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フィルス」アーヴィン・ウェルシュ(原作・製作総指揮)

 妻に逃げられ、うらぶれた中年男が、まずは腐った社会、組織から這い上がろうとあがく。90年代、渋谷のミニシアターでロングランを記録した「トレインスポッティング」と同じ小説家アーヴィン・ウェルシュ(55)が原作を書き、製作総指揮も担当した話題の新作「フィルス」である。

――舞台はスコットランドなのに、日本の今の閉塞感、世相を反映しているようにも見えます。

「どこか普遍的なところがあるのかも知れませんね。この作品は私が作家になる前、エディンバラの市役所で働いていた時の体験がベースになっているんです。ちょうど閉鎖的なヒエラルキー(階層構造)が崩れ、組織改革が行われる過程で居場所をなくし、アル中や精神を病む中高年を何人も見てきました。行政であれ会社であれ、組織が家族のように面倒を見てくれた時代ではもはやないんですね。そんなこぼれ落ちそうになる中年男を描きたかった。役所と同じくらい閉鎖的で、よりドラマチックになると思い、警察に置き換えてみたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る