「フィルス」アーヴィン・ウェルシュ(原作・製作総指揮)

公開日:  更新日:

 妻に逃げられ、うらぶれた中年男が、まずは腐った社会、組織から這い上がろうとあがく。90年代、渋谷のミニシアターでロングランを記録した「トレインスポッティング」と同じ小説家アーヴィン・ウェルシュ(55)が原作を書き、製作総指揮も担当した話題の新作「フィルス」である。

――舞台はスコットランドなのに、日本の今の閉塞感、世相を反映しているようにも見えます。

「どこか普遍的なところがあるのかも知れませんね。この作品は私が作家になる前、エディンバラの市役所で働いていた時の体験がベースになっているんです。ちょうど閉鎖的なヒエラルキー(階層構造)が崩れ、組織改革が行われる過程で居場所をなくし、アル中や精神を病む中高年を何人も見てきました。行政であれ会社であれ、組織が家族のように面倒を見てくれた時代ではもはやないんですね。そんなこぼれ落ちそうになる中年男を描きたかった。役所と同じくらい閉鎖的で、よりドラマチックになると思い、警察に置き換えてみたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る