• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

63年ぶり懲罰 猪木は何しに北朝鮮に行ったのか

 国会の渡航許可がないまま訪朝を強行したアントニオ猪木参院議員(70)の懲罰が決まった。「除名」の次に重い「登院停止」で、期間は参院規則で最長の30日間。22日の本会議で正式に議決されたのだが、参院での懲罰は1950年以来63年ぶり。「参院の許可を得ないで訪朝した」というのが理由だが、勝手に外遊する議員は大勢いる。懲罰の重さも疑問なら、そもそも、猪木は何のために訪朝したのかも分からない。不可解なことだらけだ。

 訪朝が27回目の猪木は間違いなく北の上層部に食い込んでいる。今回も金正恩の叔父で、北朝鮮の事実上ナンバー2の張成沢国防委副委員長らと会談。拉致問題についての話題も出たという。

 猪木は「政治ですから表と裏がある。その根回しが大事」「縁の下の力持ちとして話をさせてもらった」と語っていた。だとすれば、処分は重すぎるという気もするが、官邸は今回の猪木の訪朝に神経をとがらせていたという。二元外交の恐れがあるし、猪木の本当の目的は拉致問題ではなく、自らのビジネスだったという情報もあるからだ。今回の訪朝でNPO法人「スポーツ平和交流協会」の平壌事務所開設が許可された。理事長は猪木である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る