63年ぶり懲罰 猪木は何しに北朝鮮に行ったのか

公開日: 更新日:

 国会の渡航許可がないまま訪朝を強行したアントニオ猪木参院議員(70)の懲罰が決まった。「除名」の次に重い「登院停止」で、期間は参院規則で最長の30日間。22日の本会議で正式に議決されたのだが、参院での懲罰は1950年以来63年ぶり。「参院の許可を得ないで訪朝した」というのが理由だが、勝手に外遊する議員は大勢いる。懲罰の重さも疑問なら、そもそも、猪木は何のために訪朝したのかも分からない。不可解なことだらけだ。

 訪朝が27回目の猪木は間違いなく北の上層部に食い込んでいる。今回も金正恩の叔父で、北朝鮮の事実上ナンバー2の張成沢国防委副委員長らと会談。拉致問題についての話題も出たという。

 猪木は「政治ですから表と裏がある。その根回しが大事」「縁の下の力持ちとして話をさせてもらった」と語っていた。だとすれば、処分は重すぎるという気もするが、官邸は今回の猪木の訪朝に神経をとがらせていたという。二元外交の恐れがあるし、猪木の本当の目的は拉致問題ではなく、自らのビジネスだったという情報もあるからだ。今回の訪朝でNPO法人「スポーツ平和交流協会」の平壌事務所開設が許可された。理事長は猪木である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る