63年ぶり懲罰 猪木は何しに北朝鮮に行ったのか

公開日:  更新日:

 国会の渡航許可がないまま訪朝を強行したアントニオ猪木参院議員(70)の懲罰が決まった。「除名」の次に重い「登院停止」で、期間は参院規則で最長の30日間。22日の本会議で正式に議決されたのだが、参院での懲罰は1950年以来63年ぶり。「参院の許可を得ないで訪朝した」というのが理由だが、勝手に外遊する議員は大勢いる。懲罰の重さも疑問なら、そもそも、猪木は何のために訪朝したのかも分からない。不可解なことだらけだ。

 訪朝が27回目の猪木は間違いなく北の上層部に食い込んでいる。今回も金正恩の叔父で、北朝鮮の事実上ナンバー2の張成沢国防委副委員長らと会談。拉致問題についての話題も出たという。

 猪木は「政治ですから表と裏がある。その根回しが大事」「縁の下の力持ちとして話をさせてもらった」と語っていた。だとすれば、処分は重すぎるという気もするが、官邸は今回の猪木の訪朝に神経をとがらせていたという。二元外交の恐れがあるし、猪木の本当の目的は拉致問題ではなく、自らのビジネスだったという情報もあるからだ。今回の訪朝でNPO法人「スポーツ平和交流協会」の平壌事務所開設が許可された。理事長は猪木である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る