63年ぶり懲罰 猪木は何しに北朝鮮に行ったのか

公開日: 更新日:

 国会の渡航許可がないまま訪朝を強行したアントニオ猪木参院議員(70)の懲罰が決まった。「除名」の次に重い「登院停止」で、期間は参院規則で最長の30日間。22日の本会議で正式に議決されたのだが、参院での懲罰は1950年以来63年ぶり。「参院の許可を得ないで訪朝した」というのが理由だが、勝手に外遊する議員は大勢いる。懲罰の重さも疑問なら、そもそも、猪木は何のために訪朝したのかも分からない。不可解なことだらけだ。

 訪朝が27回目の猪木は間違いなく北の上層部に食い込んでいる。今回も金正恩の叔父で、北朝鮮の事実上ナンバー2の張成沢国防委副委員長らと会談。拉致問題についての話題も出たという。

 猪木は「政治ですから表と裏がある。その根回しが大事」「縁の下の力持ちとして話をさせてもらった」と語っていた。だとすれば、処分は重すぎるという気もするが、官邸は今回の猪木の訪朝に神経をとがらせていたという。二元外交の恐れがあるし、猪木の本当の目的は拉致問題ではなく、自らのビジネスだったという情報もあるからだ。今回の訪朝でNPO法人「スポーツ平和交流協会」の平壌事務所開設が許可された。理事長は猪木である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る