山崎豊子の遺稿「完結」「映像化」 カギ握る“右腕”秘書とは?

公開日: 更新日:

 作家の山崎豊子さん(享年88)がこの世を去って2カ月――。偲ぶ会が27日、東京会館で営まれた。献花には一般のファンら110人のほか、200人の関係者が参列した。

 ゆかりのある編集者や作家、俳優らが集まった偲ぶ会会場。献杯する様子が散見され、映画「沈まぬ太陽」に主演した渡辺謙(54)が会場の片隅で、「KADOKAWA」の角川歴彦会長の話に神妙な面持ちで耳を傾ける姿も。そんな中、ある人物の前に長蛇の列が……。

 名刺片手に出版関係者が10人、20人と列を作っていた相手は50年以上、山崎氏の秘書を務めた野上孝子さん。山崎さんの「懐刀」とも「右腕」とも呼ばれる人物だ。

■第2部まで取材は終了

 発売中の「文芸春秋」に寄せられた野上さんの独占手記。
「山崎豊子先生の素顔」と題し12ページにわたるその内容は、間近で接したからこそ知り得る創作秘話やプライベートが鮮明かつ叙情たっぷりにつづられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る