山崎豊子の遺稿「完結」「映像化」 カギ握る“右腕”秘書とは?

公開日:  更新日:

 作家の山崎豊子さん(享年88)がこの世を去って2カ月――。偲ぶ会が27日、東京会館で営まれた。献花には一般のファンら110人のほか、200人の関係者が参列した。

 ゆかりのある編集者や作家、俳優らが集まった偲ぶ会会場。献杯する様子が散見され、映画「沈まぬ太陽」に主演した渡辺謙(54)が会場の片隅で、「KADOKAWA」の角川歴彦会長の話に神妙な面持ちで耳を傾ける姿も。そんな中、ある人物の前に長蛇の列が……。

 名刺片手に出版関係者が10人、20人と列を作っていた相手は50年以上、山崎氏の秘書を務めた野上孝子さん。山崎さんの「懐刀」とも「右腕」とも呼ばれる人物だ。

■第2部まで取材は終了

 発売中の「文芸春秋」に寄せられた野上さんの独占手記。
「山崎豊子先生の素顔」と題し12ページにわたるその内容は、間近で接したからこそ知り得る創作秘話やプライベートが鮮明かつ叙情たっぷりにつづられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る