日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前回は半沢に完敗…NHK企業ドラマ「太陽の罠」に識者は?

 裏番組が豪華な俳優陣を起用した第一級の周年記念ドラマ「オリンピックの身代金」(テレビ朝日系)だけに、見るのを後回しにした視聴者は多かったはず。今週末にスタートしたNHKの土曜ドラマ「太陽の罠」(21時~、全4回)だ。

 太陽光発電の最先端技術をめぐり、産業スパイの疑いをかけられた大手家電メーカーの若いサラリーマン(西島隆弘)が主人公の話。男女の愛と憎しみが交差するラブサスペンスをうたっているが、ビジネスシーンが舞台。同枠では池井戸潤原作の「七つの会議」以来の企業ドラマである。

「七つの会議」は、今世紀最高の視聴率をマークした「半沢直樹」(TBS系)と同クールの放送。話題は“倍返し”一色で、NHK版の池井戸ドラマは割を食ってしまったが、今度は“汚名返上”となるか。

 初回を視聴した2人の識者は「期待できる」と口を揃える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事