前回は半沢に完敗…NHK企業ドラマ「太陽の罠」に識者は?

公開日:  更新日:

 裏番組が豪華な俳優陣を起用した第一級の周年記念ドラマ「オリンピックの身代金」(テレビ朝日系)だけに、見るのを後回しにした視聴者は多かったはず。今週末にスタートしたNHKの土曜ドラマ「太陽の罠」(21時~、全4回)だ。

 太陽光発電の最先端技術をめぐり、産業スパイの疑いをかけられた大手家電メーカーの若いサラリーマン(西島隆弘)が主人公の話。男女の愛と憎しみが交差するラブサスペンスをうたっているが、ビジネスシーンが舞台。同枠では池井戸潤原作の「七つの会議」以来の企業ドラマである。

「七つの会議」は、今世紀最高の視聴率をマークした「半沢直樹」(TBS系)と同クールの放送。話題は“倍返し”一色で、NHK版の池井戸ドラマは割を食ってしまったが、今度は“汚名返上”となるか。

 初回を視聴した2人の識者は「期待できる」と口を揃える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る