「楽隊のうさぎ」中沢けい原作者

公開日: 更新日:

 中学校の吹奏楽部を舞台に、作家の中沢けい氏(54)が思春期の揺れる気持ちをみずみずしく描いた小説「楽隊のうさぎ」。群像新人賞「海を感じる時」でのデビューから35年、自作の映画化は意外にも初めてだという。

――デビュー作から、映画化の話は30本以上あったそうですが、実現していない。今回はどこがよかったのですか?

「脚本を拝読した時点で、これは安心していい、何の心配もいらないと思ったんです。『楽隊のうさぎ』は32歳と31歳になる私の息子と娘が中学時代に吹奏楽部にいて、何となく見ていた感じから、約10年前に新聞で連載した小説なんですけど、以来、皆さんにゆっくりと愛してもらってきました。吹奏楽をやっている人たちに喜んでいただく一方、オタク小説などといわれムッとしたものですが、最近は吹奏楽ブームに乗ったなどといわれる。映画『スウィングガールズ』やTVで取り上げられたり、本も出て、吹奏楽への関心が高まっているからでしょうけど、社会人になっても続けていたり、毎年コンクールのCDを買われたりする方はもともと多いんですね。きちんと発行年を見てほしい、という気持ちはあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

もっと見る