「楽隊のうさぎ」中沢けい原作者

公開日:  更新日:

 中学校の吹奏楽部を舞台に、作家の中沢けい氏(54)が思春期の揺れる気持ちをみずみずしく描いた小説「楽隊のうさぎ」。群像新人賞「海を感じる時」でのデビューから35年、自作の映画化は意外にも初めてだという。

――デビュー作から、映画化の話は30本以上あったそうですが、実現していない。今回はどこがよかったのですか?

「脚本を拝読した時点で、これは安心していい、何の心配もいらないと思ったんです。『楽隊のうさぎ』は32歳と31歳になる私の息子と娘が中学時代に吹奏楽部にいて、何となく見ていた感じから、約10年前に新聞で連載した小説なんですけど、以来、皆さんにゆっくりと愛してもらってきました。吹奏楽をやっている人たちに喜んでいただく一方、オタク小説などといわれムッとしたものですが、最近は吹奏楽ブームに乗ったなどといわれる。映画『スウィングガールズ』やTVで取り上げられたり、本も出て、吹奏楽への関心が高まっているからでしょうけど、社会人になっても続けていたり、毎年コンクールのCDを買われたりする方はもともと多いんですね。きちんと発行年を見てほしい、という気持ちはあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る