• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「楽隊のうさぎ」中沢けい原作者

 中学校の吹奏楽部を舞台に、作家の中沢けい氏(54)が思春期の揺れる気持ちをみずみずしく描いた小説「楽隊のうさぎ」。群像新人賞「海を感じる時」でのデビューから35年、自作の映画化は意外にも初めてだという。

――デビュー作から、映画化の話は30本以上あったそうですが、実現していない。今回はどこがよかったのですか?

「脚本を拝読した時点で、これは安心していい、何の心配もいらないと思ったんです。『楽隊のうさぎ』は32歳と31歳になる私の息子と娘が中学時代に吹奏楽部にいて、何となく見ていた感じから、約10年前に新聞で連載した小説なんですけど、以来、皆さんにゆっくりと愛してもらってきました。吹奏楽をやっている人たちに喜んでいただく一方、オタク小説などといわれムッとしたものですが、最近は吹奏楽ブームに乗ったなどといわれる。映画『スウィングガールズ』やTVで取り上げられたり、本も出て、吹奏楽への関心が高まっているからでしょうけど、社会人になっても続けていたり、毎年コンクールのCDを買われたりする方はもともと多いんですね。きちんと発行年を見てほしい、という気持ちはあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る