日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「番組名録画」潰し テレ朝の55時間テレビに“落とし穴”

 テレビ朝日が開局55周年を記念して放送している「55時間テレビ」。11月29日から12月9日まで、毎日5時間(19~24時)、11日間連続で“特別番組”を放送中だ。

 ラインアップも充実させた。批評家をうならせた大作ドラマ「オリンピックの身代金」に加え、「ミュージックステーション」「お試しかっ!」「ロンドンハーツ」といった人気バラエティーの3時間スペシャルのほか、フィギュアスケートのグランプリファイナルも用意。視聴者を飽きさせない工夫をしている。

「イケイケドンドンのテレ朝にとって年間平均視聴率の3冠は最重要課題です。現在はゴールデン、プライムで1位を死守していて残るは全日だけ。55時間テレビの特番ラッシュで視聴者をクギ付けにし、目標達成というシナリオを描いているのです」(制作会社幹部)

 ところが、思わぬ落とし穴があった。番組タイトルの前に必ず「55時間テレビ」と付けたことが、家庭用レコーダーの誤動作を誘発したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事