「ゼロ・グラビティ」アルフォンソン・キュアロン監督

公開日:  更新日:

■逆境は再生の可能性をはらむ

 地球上空60万メートルで船外ミッション中のスペースシャトルが、超スピードで飛んできた人工衛星の破片に衝突し大破。乗組員のライアン博士(サンドラ・ブロック)は酸素も音も気圧もないゼロ・グラビティ(無重力)空間に放り出され、命綱まで切れてしまう。圧巻の3D映像で、A・キュアロン監督(52)は観客を宇宙へと連れていく。
(聞き手・東紗友美)

――「2001年宇宙の旅」を引き合いに出す評論家が多いですね。

「とても光栄ですけれど、もともと宇宙を描こうとして始めたわけじゃないんです。スピルバーグ監督の『激突!』や黒沢明監督原案の『暴走機関車』のようなタイトなサスペンスを通して、このどうしようもならない人生を受け止め、生きていかなければならないんだという実存主義の思想を感じられる映画を、と思ったのが出発点でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る