「ゼロ・グラビティ」アルフォンソン・キュアロン監督

公開日: 更新日:

■逆境は再生の可能性をはらむ

 地球上空60万メートルで船外ミッション中のスペースシャトルが、超スピードで飛んできた人工衛星の破片に衝突し大破。乗組員のライアン博士(サンドラ・ブロック)は酸素も音も気圧もないゼロ・グラビティ(無重力)空間に放り出され、命綱まで切れてしまう。圧巻の3D映像で、A・キュアロン監督(52)は観客を宇宙へと連れていく。
(聞き手・東紗友美)

――「2001年宇宙の旅」を引き合いに出す評論家が多いですね。

「とても光栄ですけれど、もともと宇宙を描こうとして始めたわけじゃないんです。スピルバーグ監督の『激突!』や黒沢明監督原案の『暴走機関車』のようなタイトなサスペンスを通して、このどうしようもならない人生を受け止め、生きていかなければならないんだという実存主義の思想を感じられる映画を、と思ったのが出発点でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る