「ゼロ・グラビティ」アルフォンソン・キュアロン監督

公開日: 更新日:

■逆境は再生の可能性をはらむ

 地球上空60万メートルで船外ミッション中のスペースシャトルが、超スピードで飛んできた人工衛星の破片に衝突し大破。乗組員のライアン博士(サンドラ・ブロック)は酸素も音も気圧もないゼロ・グラビティ(無重力)空間に放り出され、命綱まで切れてしまう。圧巻の3D映像で、A・キュアロン監督(52)は観客を宇宙へと連れていく。
(聞き手・東紗友美)

――「2001年宇宙の旅」を引き合いに出す評論家が多いですね。

「とても光栄ですけれど、もともと宇宙を描こうとして始めたわけじゃないんです。スピルバーグ監督の『激突!』や黒沢明監督原案の『暴走機関車』のようなタイトなサスペンスを通して、このどうしようもならない人生を受け止め、生きていかなければならないんだという実存主義の思想を感じられる映画を、と思ったのが出発点でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る