「パリ、ただよう花」ロウ・イエ監督

公開日: 更新日:

 日活ロマンポルノなど、どこかピンク映画を彷彿させる作品だ。
「天安門、恋人たち」(2006年)での性描写を問題視され、中国当局から5年間の映画製作禁止処分とされたロウ・イエ監督(48)の「パリ、ただよう花」。美しいインテリ女教師が滞在先のパリで肉欲に溺れ、理性と本能のはざまで揺れる。

――女性の性、業を真正面からリアルに描き、「のめり込むと同時に、目をそらしたくなる」などと言われていますね。

「きちんとした恋人がいながら、複数の男と関係し、隠そうともしないのですから、見たくない、受け入れがたいというのも、正常な反応だと思います。今作は『裸』というリウ・ジエ(中国の女流監督)の自伝的小説が原作なのですけれども、彼女は登場人物たちを丸裸にして、素のまま放置するように書いています。それが魅力ですし、セックスは人間にとって自然で、自由で、人生に欠くことの出来ないもの。今という時代、そこに生きる人間を描く上でも男女の絡みは避けられないと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る