「パリ、ただよう花」ロウ・イエ監督

公開日: 更新日:

 日活ロマンポルノなど、どこかピンク映画を彷彿させる作品だ。
「天安門、恋人たち」(2006年)での性描写を問題視され、中国当局から5年間の映画製作禁止処分とされたロウ・イエ監督(48)の「パリ、ただよう花」。美しいインテリ女教師が滞在先のパリで肉欲に溺れ、理性と本能のはざまで揺れる。

――女性の性、業を真正面からリアルに描き、「のめり込むと同時に、目をそらしたくなる」などと言われていますね。

「きちんとした恋人がいながら、複数の男と関係し、隠そうともしないのですから、見たくない、受け入れがたいというのも、正常な反応だと思います。今作は『裸』というリウ・ジエ(中国の女流監督)の自伝的小説が原作なのですけれども、彼女は登場人物たちを丸裸にして、素のまま放置するように書いています。それが魅力ですし、セックスは人間にとって自然で、自由で、人生に欠くことの出来ないもの。今という時代、そこに生きる人間を描く上でも男女の絡みは避けられないと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る