「パリ、ただよう花」ロウ・イエ監督

公開日:  更新日:

 日活ロマンポルノなど、どこかピンク映画を彷彿させる作品だ。
「天安門、恋人たち」(2006年)での性描写を問題視され、中国当局から5年間の映画製作禁止処分とされたロウ・イエ監督(48)の「パリ、ただよう花」。美しいインテリ女教師が滞在先のパリで肉欲に溺れ、理性と本能のはざまで揺れる。

――女性の性、業を真正面からリアルに描き、「のめり込むと同時に、目をそらしたくなる」などと言われていますね。

「きちんとした恋人がいながら、複数の男と関係し、隠そうともしないのですから、見たくない、受け入れがたいというのも、正常な反応だと思います。今作は『裸』というリウ・ジエ(中国の女流監督)の自伝的小説が原作なのですけれども、彼女は登場人物たちを丸裸にして、素のまま放置するように書いています。それが魅力ですし、セックスは人間にとって自然で、自由で、人生に欠くことの出来ないもの。今という時代、そこに生きる人間を描く上でも男女の絡みは避けられないと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る