日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「泡姫」「今鹿」…親しか読めない「2013キラキラネーム」

 1位「泡姫」、2位「黄熊」、3位「姫星」。

 スマートフォン向けアプリ「赤ちゃん名づけ」を手がけるリクルーティングスタジオが、「2013年ベスト・オブ・キラキラネーム」を発表した。利用者の投票で反響が多かったものだ。

 1位は、泡姫と書いて「ありえる」と読ませる。黄熊は「ぷぅ」、姫星は「きてぃ」なのだ。
 なるほど! と思わず膝を叩いてしまったが、これらは曲がりなりにも人の名前。連想ゲームでもペットの名でもない。泡姫と名付けられた女の子は、中学生ぐらいできっと「ソープ嬢」というニックネームで呼ばれることになるに違いない。

■まるで連想ゲーム

 最近の赤ちゃんの名前の傾向は、アニメキャラの当て字や「緑」をグリーンなどの英語に当てはめるのが主流だ。代表的なものを表にしてみた。どれだけ読めるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事