「泡姫」「今鹿」…親しか読めない「2013キラキラネーム」

公開日: 更新日:

 1位「泡姫」、2位「黄熊」、3位「姫星」。

 スマートフォン向けアプリ「赤ちゃん名づけ」を手がけるリクルーティングスタジオが、「2013年ベスト・オブ・キラキラネーム」を発表した。利用者の投票で反響が多かったものだ。

 1位は、泡姫と書いて「ありえる」と読ませる。黄熊は「ぷぅ」、姫星は「きてぃ」なのだ。
 なるほど! と思わず膝を叩いてしまったが、これらは曲がりなりにも人の名前。連想ゲームでもペットの名でもない。泡姫と名付けられた女の子は、中学生ぐらいできっと「ソープ嬢」というニックネームで呼ばれることになるに違いない。

■まるで連想ゲーム

 最近の赤ちゃんの名前の傾向は、アニメキャラの当て字や「緑」をグリーンなどの英語に当てはめるのが主流だ。代表的なものを表にしてみた。どれだけ読めるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る