“国民的美少女”吉本実憂「自分に興味なく、話すの嫌だった」

公開日: 更新日:

 剛力彩芽と同様、さらなるブレークが期待されているのが吉本実憂(17)。12年夏に行われた「第13回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得。その勢いで13年は同コンテストに出場したメンバーで構成される「X21」のリーダーに抜擢され、多忙な一年を過ごした。14年はどんなイメージを描いているのか。

「私にとって2013年は忘れられない一年だと思います。もともと人見知りで初対面の人と話すことすら嫌いだった私が、いろいろな芸能界のお仕事を通じ、殻を破れるようになった年だったからです。

 芸能界入りのきっかけとなった国民的美少女コンテスト前の私は本当に内向的で。あまり自分に興味が持てず、自信もなかった。コンテストでグランプリをいただき、『X21』のリーダーとして番組に出演させていただくことが決まってからも、周囲に溶け込めない日々が続いていました。そんな時、マネジャーさんに言われたのが<少しずつ壁を破っていこう>という一言でした。それまでの私はダンスも演技も漠然と目の前の仕事にぶつかるだけで失敗ばかり。時にはその失敗を引きずり、トイレでひとり涙を流すこともありました。だからこそ、一気に何かをやろうとするのではなく、<少しずつ努力しながらやればいい>と。そう考えはじめたら、リーダーとしての重責やプレッシャーも少しずつなくなり、人見知りも改善されていきました。そう実感できたのが13年。私にとっては大きかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る