「インシディアス 第2章」ジェームズ・ワン監督

公開日:  更新日:

 全米で興収8300万ドル(約83億円)、実に1200万人を動員したホラー映画だ。ジェームズ・ワン監督はマレーシア出身の36歳。低予算ながら、日本でも大ヒットした「ソウ」シリーズなどで知られる鬼才である。

――往年の映画ファンには「悪魔の棲む家」(1974年)を彷彿(ほうふつ)させる怪奇現象モノです。

「幽霊屋敷モノという点でも、ホラーファンにはお馴染みでしょうけど、ちょっと違うことをやったつもりです。そのひとつが、夜寝ているときに魂が肉体を離れる幽体離脱というアイデアを加えること。幽霊体験を話すとき、視界の隅を何者かが横切るといった話をよく聞きますよね。それこそ人々がゾッとする場面で、そういうときの恐怖をリアルに、日常の延長線上に描きたかったんです。封印している過去の扉を開けるとか、自分たちが怖いと思う要素をすべて詰め込みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る