「インシディアス 第2章」ジェームズ・ワン監督

公開日: 更新日:

 全米で興収8300万ドル(約83億円)、実に1200万人を動員したホラー映画だ。ジェームズ・ワン監督はマレーシア出身の36歳。低予算ながら、日本でも大ヒットした「ソウ」シリーズなどで知られる鬼才である。

――往年の映画ファンには「悪魔の棲む家」(1974年)を彷彿(ほうふつ)させる怪奇現象モノです。

「幽霊屋敷モノという点でも、ホラーファンにはお馴染みでしょうけど、ちょっと違うことをやったつもりです。そのひとつが、夜寝ているときに魂が肉体を離れる幽体離脱というアイデアを加えること。幽霊体験を話すとき、視界の隅を何者かが横切るといった話をよく聞きますよね。それこそ人々がゾッとする場面で、そういうときの恐怖をリアルに、日常の延長線上に描きたかったんです。封印している過去の扉を開けるとか、自分たちが怖いと思う要素をすべて詰め込みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る