• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「インシディアス 第2章」ジェームズ・ワン監督

 全米で興収8300万ドル(約83億円)、実に1200万人を動員したホラー映画だ。ジェームズ・ワン監督はマレーシア出身の36歳。低予算ながら、日本でも大ヒットした「ソウ」シリーズなどで知られる鬼才である。

――往年の映画ファンには「悪魔の棲む家」(1974年)を彷彿(ほうふつ)させる怪奇現象モノです。

「幽霊屋敷モノという点でも、ホラーファンにはお馴染みでしょうけど、ちょっと違うことをやったつもりです。そのひとつが、夜寝ているときに魂が肉体を離れる幽体離脱というアイデアを加えること。幽霊体験を話すとき、視界の隅を何者かが横切るといった話をよく聞きますよね。それこそ人々がゾッとする場面で、そういうときの恐怖をリアルに、日常の延長線上に描きたかったんです。封印している過去の扉を開けるとか、自分たちが怖いと思う要素をすべて詰め込みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る