「インシディアス 第2章」ジェームズ・ワン監督

公開日: 更新日:

 全米で興収8300万ドル(約83億円)、実に1200万人を動員したホラー映画だ。ジェームズ・ワン監督はマレーシア出身の36歳。低予算ながら、日本でも大ヒットした「ソウ」シリーズなどで知られる鬼才である。

――往年の映画ファンには「悪魔の棲む家」(1974年)を彷彿(ほうふつ)させる怪奇現象モノです。

「幽霊屋敷モノという点でも、ホラーファンにはお馴染みでしょうけど、ちょっと違うことをやったつもりです。そのひとつが、夜寝ているときに魂が肉体を離れる幽体離脱というアイデアを加えること。幽霊体験を話すとき、視界の隅を何者かが横切るといった話をよく聞きますよね。それこそ人々がゾッとする場面で、そういうときの恐怖をリアルに、日常の延長線上に描きたかったんです。封印している過去の扉を開けるとか、自分たちが怖いと思う要素をすべて詰め込みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る