日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小倉智昭 「とくダネ」打ち切りと政界進出のカウントダウン

「僕は(話が)来たことありますけど、絶対ダメですよね。<僕が政治家になったらどうする?>って女房に聞いたら<すぐ離婚する>って言われて。だから、離婚するときは立つかな」

 13日深夜に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)でこう言ったのは小倉智昭(66)。「日本の新しいリーダー」に関する話題になり、松本人志(50)の「小倉さん自身が(政界に)立つってことはないんですか?話、来たことあるでしょ」というフリに答えたものだ。隣にいた安藤優子(55)は「フフフ」と鼻で笑っていた。

 小倉のような冠番組やメーンMCを務める大御所司会者にとって、政界からお声がかかることは珍しくない。人選に困れば、「タレント枠」で出馬を要請される。本人も色気はありそうだ。

 12年9月に放送された「とくダネ!」(フジ系)で、小倉は6年前の政権放り出しを「ちょっと子どもみたいだったもんね」と発言。安倍首相をからかった。これには安倍もフェイスブックで「私はテレビで何回も潰瘍性大腸炎について説明しています。テレビで堂々とコメントするのですから、当然それを知っていながらの中傷でしょう。という事は意図的な中傷であると判断せざるを得ません。テレビに出て来る資格無しです。知らずにコメントしているなら、そもそもコメンテーターの資格無しです」と激怒させている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事