好感度うなぎ上りの出川哲朗 周囲が舌巻く「気配り」伝説

公開日:  更新日:

 タレント・千秋が米映画「ザ・イースト」のPRイベントで、「私にとってのカリスマ」として、松任谷由実とともに名前が挙がった芸人の出川哲朗(49)。「どんなに嫌われても、いつも笑顔」だから、という。

“リアクション芸人”の代表格。かつては、声が大きくガサツでダサい、というネガティブなイメージで、“抱かれたくない男”“嫌いな男”などのアンケートで決まって上位にランクインしていた。

 ところが、昨年12月には、ベネッセコーポレーションの通信教育講座「進研ゼミ」の中学1年生を対象にした調査で、「友達になりたい芸能人」1位に選ばれた。芸能界の仲間からも、視聴者からも好感度が急上昇しているのだ。なぜなのか。
 まずは、仕事に対する真摯な姿勢。自身のリアクションを現場ですぐにチェックし、イマイチだと撮り直す。朝5時から夕方まで水泳大会の収録を行い、その後、夜9時から朝までの収録があっても、疲れを見せずにやり切った。そのタフさには、年下芸人も舌を巻く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る