シュールな芸で席巻も…九十九一「バラエティー撤退」を語る

公開日: 更新日:

 漫才ブームに沸いた80年代初め、若手芸人が次々と現れてはバラエティー番組をにぎわせた。そうした中、特異な芸風で人気だったのが九十九一(つくもはじめ)さん(61)だ。“シュールな笑い”と呼ばれ、アナーキーなセンスでたけしやタモリをしばしば食った。最近はサッパリ姿を見ない。今どうしているのか。

「ボクがいる事務所に若手育成を目的としたワークショップがあって、きょうはその日なんですわ。対象は事務所に所属する役者や声優、それとアナウンサーを目指してる若い人たちで、それらの仕事に不可欠な想像力や発想力を養ってもらおうってわけでして」

 渋谷区代々木にある国立オリンピック記念青少年センターの喫茶店で会った九十九さん、まずはこういった。

“九十九教室”はセンター内のカルチャー棟で毎月1回開かれ、生徒は13人。「評判はけっこういいようですな」とは照れくさそうな本人の弁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る