日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シュールな芸で席巻も…九十九一「バラエティー撤退」を語る

 漫才ブームに沸いた80年代初め、若手芸人が次々と現れてはバラエティー番組をにぎわせた。そうした中、特異な芸風で人気だったのが九十九一(つくもはじめ)さん(61)だ。“シュールな笑い”と呼ばれ、アナーキーなセンスでたけしやタモリをしばしば食った。最近はサッパリ姿を見ない。今どうしているのか。

「ボクがいる事務所に若手育成を目的としたワークショップがあって、きょうはその日なんですわ。対象は事務所に所属する役者や声優、それとアナウンサーを目指してる若い人たちで、それらの仕事に不可欠な想像力や発想力を養ってもらおうってわけでして」

 渋谷区代々木にある国立オリンピック記念青少年センターの喫茶店で会った九十九さん、まずはこういった。

“九十九教室”はセンター内のカルチャー棟で毎月1回開かれ、生徒は13人。「評判はけっこういいようですな」とは照れくさそうな本人の弁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事