「欽ちゃんと撮影で21万円」 日テレT部長が始めた新商売

公開日:  更新日:

 萩本欽一(72)が大劇場の舞台を引退することで話題になった明治座3月公演「ほめんな ほれんな とめんな」。

 3月30日に無事、千秋楽を終えたが、本人いわく「小さな劇場での公演や演出は続ける」とのことなので、完全引退ではないが、そうはいっても最後の欽ちゃんを一目見ようと、連日、多くのファンが駆けつけた。

 その休憩時間、意外な光景を目にした。明治座には観劇の記念にとお土産物がずらりと並ぶ「明治座横丁」があるが、その一角で、どこか見覚えのある大柄の男性がチラシを持って、大声で何か叫んでいた。
「欽ちゃんと一緒にビデオ撮りませんか? 本日限定5組さまですよ~」

 近づいてみると、あの「電波少年」でおなじみのT部長こと、日本テレビ編成局専門局長の土屋敏男氏だった。トレードマークの金髪が白髪になっていたので、すぐに気が付かなかったのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る