• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「欽ちゃんと撮影で21万円」 日テレT部長が始めた新商売

 萩本欽一(72)が大劇場の舞台を引退することで話題になった明治座3月公演「ほめんな ほれんな とめんな」。

 3月30日に無事、千秋楽を終えたが、本人いわく「小さな劇場での公演や演出は続ける」とのことなので、完全引退ではないが、そうはいっても最後の欽ちゃんを一目見ようと、連日、多くのファンが駆けつけた。

 その休憩時間、意外な光景を目にした。明治座には観劇の記念にとお土産物がずらりと並ぶ「明治座横丁」があるが、その一角で、どこか見覚えのある大柄の男性がチラシを持って、大声で何か叫んでいた。
「欽ちゃんと一緒にビデオ撮りませんか? 本日限定5組さまですよ~」

 近づいてみると、あの「電波少年」でおなじみのT部長こと、日本テレビ編成局専門局長の土屋敏男氏だった。トレードマークの金髪が白髪になっていたので、すぐに気が付かなかったのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る