日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「欽ちゃんと撮影で21万円」 日テレT部長が始めた新商売

 萩本欽一(72)が大劇場の舞台を引退することで話題になった明治座3月公演「ほめんな ほれんな とめんな」。

 3月30日に無事、千秋楽を終えたが、本人いわく「小さな劇場での公演や演出は続ける」とのことなので、完全引退ではないが、そうはいっても最後の欽ちゃんを一目見ようと、連日、多くのファンが駆けつけた。

 その休憩時間、意外な光景を目にした。明治座には観劇の記念にとお土産物がずらりと並ぶ「明治座横丁」があるが、その一角で、どこか見覚えのある大柄の男性がチラシを持って、大声で何か叫んでいた。
「欽ちゃんと一緒にビデオ撮りませんか? 本日限定5組さまですよ~」

 近づいてみると、あの「電波少年」でおなじみのT部長こと、日本テレビ編成局専門局長の土屋敏男氏だった。トレードマークの金髪が白髪になっていたので、すぐに気が付かなかったのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事