• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デ・ニーロ&スタローン 最強Wネーム共演も「不発」のウラ

 シルベスター・スタローン(67)とロバート・デ・ニーロ(70)のダブル主演――。引退を翻し、永遠のライバルとして人生最後のボクシング・マッチに挑む老ボクサー2人を描いた映画「リベンジ・マッチ」。日本では馴染み深い人気スターの共演ということで注目度は高かった。ところが、今月4日に封切られるもベスト10入りどころか、早くも打ち切りが囁かれる大コケぶりだという。

「主演のスタローンが、最低映画に贈られるゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)で最低主演男優賞にノミネートされるなど、アメリカ本国でも評価が低い作品。となると、配給会社の勢いはトーンダウン。日本での宣伝費もかけないため、客足も伸びないという悪循環でした。近年、洋画の実写は若い人があまり見ないのでヒットは難しい」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)

 映画界も“昔の名前”というだけでは厳しい時代のようだが、実はこんなウラ話も漏れ伝わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る