日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひたすら原発礼賛…米映画「パンドラの約束」の危険な中身

 脱原発派がスクリーンを破りたくなるような映画がまもなく公開される。米国のドキュメンタリー映画「パンドラの約束」(2013年)だ。

 原発の実態を探るため世界中を取材。米国の環境保護運動家スチュアート・ブランドや女性ジャーナリストのグイネス・クレイブンスなど、主に5人の有識者が原発について語る。

 ブランドとクレイブンスは反原発派からの“転向者”。5人とも「アホ言いなさんな」と一喝したくなるような原発礼賛論を展開する。

「化石燃料による大気汚染で300万人が死亡しているが、空気を汚染しない原発は1人も死者を出していない」

「低開発国の電気のない地域の人は寿命が短い」「われわれが食べるバナナだって放射性カリウムを含んでいる。放射能はどこにでもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事