“韓国本マイスター”高信太郎氏が語る「ハングル語修得法」

公開日:  更新日:

 きょう登場の高信太郎さんは、ナンセンス漫画家であると同時に演芸に造詣が深いことでも知られ、高座に上がったり、落語番組の司会をしたり、はたまた「ルックルックこんにちは」のコメンテーターを務めたりと八面六臂(ろつぴ)の活躍をした。しかし、最近は表舞台で見ない。さて、今どうしているのか。

「まさかオレに『あの人は今』から声がかかるとはなあ。取材の電話があったとき、一瞬、ウッとなった。しかし、いずれあの名物コーナーからお呼びがかかるかな、って予感もあったんだよ。ホンネを言えば、声がかかるのも嫌だし、かからないのも寂しい。そう、複雑な心境ってところかな。オレはまだ現役だぞ、と声を大にして言いたくなったよ、ハハハ」

 JR横浜駅に近いホテルの喫茶室で会った高さん、こう言ってビールをうまそうに飲み干した。

「酒はやめられなかったけど、チェーンスモーカーだったたばこは30年前、ピタッとやめた。漫画家ってたばこをやめるとアイデアが出てこなくなるんじゃないかって不安があり、やめるにやめられない人が多い。だから、やめた当時、周りからは変人扱いされたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る