• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“韓国本マイスター”高信太郎氏が語る「ハングル語修得法」

 きょう登場の高信太郎さんは、ナンセンス漫画家であると同時に演芸に造詣が深いことでも知られ、高座に上がったり、落語番組の司会をしたり、はたまた「ルックルックこんにちは」のコメンテーターを務めたりと八面六臂(ろつぴ)の活躍をした。しかし、最近は表舞台で見ない。さて、今どうしているのか。

「まさかオレに『あの人は今』から声がかかるとはなあ。取材の電話があったとき、一瞬、ウッとなった。しかし、いずれあの名物コーナーからお呼びがかかるかな、って予感もあったんだよ。ホンネを言えば、声がかかるのも嫌だし、かからないのも寂しい。そう、複雑な心境ってところかな。オレはまだ現役だぞ、と声を大にして言いたくなったよ、ハハハ」

 JR横浜駅に近いホテルの喫茶室で会った高さん、こう言ってビールをうまそうに飲み干した。

「酒はやめられなかったけど、チェーンスモーカーだったたばこは30年前、ピタッとやめた。漫画家ってたばこをやめるとアイデアが出てこなくなるんじゃないかって不安があり、やめるにやめられない人が多い。だから、やめた当時、周りからは変人扱いされたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る