“韓国本マイスター”高信太郎氏が語る「ハングル語修得法」

公開日: 更新日:

 きょう登場の高信太郎さんは、ナンセンス漫画家であると同時に演芸に造詣が深いことでも知られ、高座に上がったり、落語番組の司会をしたり、はたまた「ルックルックこんにちは」のコメンテーターを務めたりと八面六臂(ろつぴ)の活躍をした。しかし、最近は表舞台で見ない。さて、今どうしているのか。

「まさかオレに『あの人は今』から声がかかるとはなあ。取材の電話があったとき、一瞬、ウッとなった。しかし、いずれあの名物コーナーからお呼びがかかるかな、って予感もあったんだよ。ホンネを言えば、声がかかるのも嫌だし、かからないのも寂しい。そう、複雑な心境ってところかな。オレはまだ現役だぞ、と声を大にして言いたくなったよ、ハハハ」

 JR横浜駅に近いホテルの喫茶室で会った高さん、こう言ってビールをうまそうに飲み干した。

「酒はやめられなかったけど、チェーンスモーカーだったたばこは30年前、ピタッとやめた。漫画家ってたばこをやめるとアイデアが出てこなくなるんじゃないかって不安があり、やめるにやめられない人が多い。だから、やめた当時、周りからは変人扱いされたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る