摂食障害が収まるも…遠野なぎこはスピード婚の反動が心配

公開日: 更新日:

 スピード婚の決め手は「摂食障害が収まったこと」だったそうだ。元プロボクサーのバー経営者(39)と再婚した女優の遠野なぎこ(34)。3月5日に知り合ったばかりなのに、今月5日に結婚した。

 9日都内で会見した遠野は、「19年間、摂食障害が何をやっても治らなかったのが、出会って2カ月、過食嘔吐(おうと)の症状が1度も出てないんです。心と体が安定している」とデレデレ。彼のおかげ、幸せの絶頂という様子だったが、それを心配する声も。ある精神科医が言う。

「摂食障害は心理的要因が大きいので、遠野さんのように、満たされるとピタッと治まるケースもある。19年と慢性化していても、回復する見込みはあります。ただ、摂食障害の人には“オール・オア・ナッシング”の極端な考え方をするタイプが多い。結婚に過剰な期待を抱くと、その反動が怖いですね」

 幸せも“ほどほど”が一番だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る